« 2009年3月 | トップページ | 2010年3月 »

意外と簡単な「おやき」

ナンを作ろうと思ったら、水の分量を間違えてしまって、調整に粉を加えたために、生地が余ってしまいました。それで思いついて小松菜とひき肉を炒めたものを包んで、フライパンで焼いたら、とっても美味しいおやきができました。

イーストを使ったパン生地のおやきは温かいうちより、冷めてからのほうがしっとりと美味しいように思います。イーストではなくベーキングパウダーを使えば、思い立ってから30分もかからずに出来てしまいます。

◆皮の材料(6~8個分)

強力粉 1カップ(100グラム)
薄力粉 1カップ(100グラム)
水    120cc~140cc
塩    小さじ1/2
砂糖  小さじ2
ドライイースト 小さじ1

粉はふるい、ボールの中で水以外の材料を混ぜ合わせてから、水を加え、カレースプーンで強くかき混ぜます。パンほど練る必要はありません。肉まんの皮よりかなり柔らかい仕上がりにします。土鍋にぬるま湯を満たし、ボールごと浮かべて30分ほど発酵させます。倍くらいにふくらんだら、ゴムベラで片栗粉を振ったまな板の上に取り出し、コッペパン様にまとめ、切り分けます。

◆具の一例(1個分が大匙1杯くらい)

きざんだ小松菜とひき肉を炒め、しょうゆ、砂糖、オイスターソース、トウバンジャンなどで味付けし、最後に水溶き片栗粉でまとめ、冷まします。

皮で包んで平たい円形にし、弱火のフライパンでふたをして両面を焼きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2010年3月 »