« 2009年2月 | トップページ | 2009年12月 »

手羽元のパエリア

パエリアというと、エビ、イカ、ムール貝という先入観念があって、少人数では別々に買うと余ってどうしようもないので、スーパーにパエリアセットを要望しようかと思っているところですが、手羽元で作るレシピを見つけ、自分なりに少し変えて試してみました。美味しいパエリアがこんなに簡単にできるなんて驚きました。ちょっと加えたカレー粉がいい仕事をします。ビタクラフトを使いました。

参考レシピ:REKO-tanさんの「フライパンde♥パエリア」
http://cookpad.com/recipe/465773

Photo

材料 (2人分)
米          1合
手羽元        4本
玉ねぎのみじん切り  大匙3
ミックスベジタブル  大匙4
トマト        小1個
薄めのコンソメスープ 140cc
S&Bカレー粉    小匙1
■ ステーキ用スパイス    
■ オリーブオイル    
■ 塩、胡椒、ガーリック    

1.手羽元に塩とステーキ用スパイス(塩と胡椒だけでもOK)をまぶし、一晩くらい置きます。

2.米は30分前に洗ってザルにあげ、そのザルを乾いた布巾の上においてよく水気を切っておきます。

3.フライパンでオリーブオイルを熱し、手羽元の表面に焼き色をつけ、いったん取り出します。鶏がくっついた場合は、鍋底を冷水か濡れ布巾にあてて急冷すると簡単にはがれます。焦げも美味しいのでこそげて一緒に調理!

4.タマネギと米を炒め、透き通る感じになったら、カレー粉とコンソメスープを加え、塩、胡椒、ガーリックで味を整えます。

5.手羽元とミックスベジタブルを上にのせ、ふたをしてごく弱火で15分加熱します。火を止めたらトマトをのせて、10分蒸らします。

手羽元にしっかり下味をつけると、パサつかずにできます。手羽元の塩味もあるので、スープは最初は薄めにし、フライパンに加えてから味見して、少し物足りないくらいで炊き上がりがちょうどよくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小松菜、ひき肉のピリ辛スープ

久々にヒットのレシピです。冷凍庫の豚ひき肉と野菜室に残った小松菜で何を作ろう、やっぱり餃子? 皮がないから自作しないといけないので面倒だなと思って検索して見つかりました。小川聖子先生のレシピなら間違いないはず、でも、こんな簡単なレシピでいいのかな、という疑問も持ちつつ、作ってみると、素材の旨みが引き出された何とも味わい深いスープになりました。ポイントは、リンクしたページにあるように、最初にひき肉を炒めて完全に火を通してから湯を加えることです。湯通ししたラーメンやうどんを加えるとそれだけで立派な一食になります。

参考サイト: http://www.umamikyo.gr.jp/recipe/recipedata/0011.html

自作手順はこちらに移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年12月 »