« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

天満橋の立呑み「活力屋」

Katuryokuya8 関西テレビ土曜日の「ぶったま」で魚住アナが紹介したお店です。「活力屋 大阪」とか「活力屋 天満橋」で検索すると、紹介ブログなどいくつか見つかり、なかなか評判がよいので行ってみました。金曜日の7時前で半分くらい埋まっていましたが、若いサラリーマン風の人が1人で軽く一杯という感じで、1000円弱の支払いで結構出入りがあり、もし満席でも少し待てばすぐに入れそうでした。

飲み物系は、ビール、焼酎、日本酒など、ほとんどが280円。料理はまず1000円で前菜、魚料理、肉料理、お薦めの4品が出る「コース」というのを、かなり量があるようなので1人前だけ頼みます。前菜は普通の居酒屋なら、これだけで数百円は取られそうなボリューム、ナンコツのテリーヌ風のが2種とキスの南蛮漬けでした。2人で分けても食べごたえがあります。

Katuryokuya1

次の魚料理は、エビのから揚げをマヨネーズとケチャップを混ぜたソースで和えたものでした。

Katuryokuya2

肉料理は多分ベトナム料理の「ヌン」。甘辛い味噌に漬け込んだ肉が香ばしく焼かれていて、一緒に飲んだ干し芋の焼酎との相性もばつぐんでした。

Katuryokuya3

コースの最後は坦々麺。麺が作り置きで、油をまぶしておいてあるのを直接皿に盛っているので、肉味噌は美味しいのだけど、全体としてはあまりよい点数はあげられなかった。

Katuryokuya4_1

続いて、1本100円の串カツを4本、パン粉が細かくて、衣が薄いので食べやすいです。さらに一品の中から豚の黒甘酢、ハムチーズカツ、えびせんを頼みました。全部食べかけの写真でハムチーズカツは半月が2個で一人前です。えびせんは油で揚げてあるのですが、全然油っこくなくて美味しかったです。最後、日本酒は、小さいグラスがないからおまけと、店主さん?がロックグラスになみなみと注いでくれました。

Katuryokuya5

以上でお会計2名分4000円にとどきませんでした。何とコスパフォのいいこと、お料理も接客も含めて、すべての面でとってもいいお店でした。

大阪市中央区内淡路町2-1-1
06-6945-1566
17:30~23:00
日・祝休み、最近は隔週土曜日休みとのこと
地下鉄谷町線天満橋または谷町四丁目から徒歩5分

近所にパーティスペースがあって、飲み放題付き3時間3000円だそうです。

Katuryokuya6

=====
おまけの写真は、テレビに出たがりと店内に書かれていた若い料理人さんと、大切に展示されている魚住さんの使ったお箸

Katuryokuya0

Katuryokuya7

| | コメント (2) | トラックバック (1)

南森町の居酒屋「山元」

昔パソ通で関西グルメ情報を交換していた方々が、このお店でいまでも毎夏「鱧しゃぶオフ」を開催しているらしいので、それならよさげではないかと行ってみました。店内にブルーの電飾があったり、何かディープな雰囲気のお店で、イチゲンでは入る勇気が出なかったでしょう。カウンタは数席、座敷は10人くらいは上がれるでしょうか。伊勢と鶴橋市場で新鮮なお魚を仕入れているそうです。

メニューはありませんでした。事前に内容を予約していないと、適当にお任せということになるみたいです。最初はお造り盛り合わせで、鯨3種と魚3種。次に天麩羅。最後に焼き物はちょっと選択肢を提示されて、かますの干物を選びました。〆に豆ご飯、吸い物、香の物のセットが来ました。〆の準備ができる間に、何かのシオカラみたいな珍味を出してくれました。

生ビール2杯と燗酒を3本ほど飲んで、お勘定は2人で9500円でした。多分、何を飲んでも食べても1人5000円が基準で、私がご飯を取らなかった分、500円引? という感じだと思いますが、尋ねたわけではないので想像です。

写真は陽気な大将が、予約の5名様用の造り盛り合わせを用意したところです。ウニまるまる1箱っていうのがすごいですね。大将にも振舞うことを条件に、お酒はいくらでも無料で持ち込めるそうです。

大阪市北区天神橋2丁目1-47 山田ビル1F
06-6353-0516

お店のHP→ http://www.zeronet.com/y/utamaro.htm

Yamagen

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »