« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

簡単カルボナーラ

久しぶりにカルボナーラを作ろうと、確認の意味でレシピを調べていたら、温泉卵で作るレシピが簡単そうだったので試してみました。卵を溶いてしまうと、どうしても火が入りすぎてしまいますが、温泉卵ならそういう失敗がないうえ、白身を捨てることもありません。お皿の上で卵をくずして、ほんとに美味しくいただきました。

クックパッド「奥様の正しい手抜きレシピ」より
「嘘つき、でも絶品カルボナーラ」http://cookpad.com/tenuki/recipe/140214/

◆材料:2人分
タマネギ 中1/4個 
ベーコン 大きめ3枚 
ニンニク 小さなもの1カケ 
卵 2個 
サラダ油 大匙4杯 
バター 大匙2杯 
マヨネーズ 大匙2杯 
塩 小匙1/2杯~ 
胡椒 適量 
パルミジャーノ(粉) 40g~ 
パスタ(スパゲティーニ1.6mm) 適量

◆作り方:
1. 温泉卵を作り始める。小鍋にお湯を沸騰させる。火を止めて、軽く洗った卵をそーっと鍋に入れ、そのまま放置。15分ぐらいで出来上がるはず。
2. 同時にパスタを茹で始める。塩を入れた湯でパスタを茹でる。
3. タマネギとニンニクはみじん切り、ベーコンは7mm程度の細切りにする。
4. 大きめのフライパンにサラダ油を熱し、ベーコンとニンニクを入れて香りを出す。
5. タマネギを加え、火を通して甘みを出す。塩を加えて味を整える。パスタでかなり薄まるので辛いと思うくらいが丁度。
6. 茹で上がったパスタと茹で汁大匙5~6杯をフライパンに入れ、バターとマヨネーズを加えてまんべんなく混ぜ合わせる。
7. パスタを皿に盛り、パルミジャーノをこれでもかという程かける。多い方が美味しいと思う。
8. 卵を鍋から取り出し(熱いから気をつける)、そっと割って乗っける。とろとろで美味そう!最後に胡椒をふって出来上がり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

牛肉とニラの甘辛炒め

レシピ検索は、材料と「塩」で行うことが多いのですが、今回、塩の代わりに「砂糖」を使って、「牛肉 ニラ 砂糖」でGoogle検索して、一番上に出たのがこのレシピでした。さっぱりとしていて、野菜もたくさん摂れて、健康によさそうで、しかも美味しいです。お酢が味を引き締めているのですが、言わなければお酢を使っていることに気付かないかも知れません。黒砂糖はなかったので、三温糖を使いました。

食育大事典のサイトから 
http://www.shokuiku.co.jp/reshipi/reshipi2/r1505_05.html

◆材料/4人分
牛肩ロース薄切り肉…300g
モヤシ…250g
白ネギ…8cm
ニラ…50g
タマネギ…30g

酢…大さじ2
塩…一つまみ
コショウ…少々
おろしショウガ…小さじ1/3

黒砂糖…大さじ1
トウガラシ…1本
油…大さじ1
しょう油…大さじ1

片栗粉…小さじ1/2(2倍の水で溶く)

◆作り方 
1. 牛肉は食べやすい大きさに切り、塩、コショウ、酢、おろしショウガをからめる。ニラは4cm長さに切る。タマネギは5mm厚のくし型切る。トウガラシは種を取リ除いておく。
2. 白ネギは白髪ネギにし、ボウルに水をはり、さらしておく。モヤシはシャキシャキ感が残る程度にさっと茹で、ザルにあけ、水気を切っておく。
3. フライパンに、油とトウガラシを加えて火にかける。香りが出ればトウガラシは取り出し、黒砂糖を入れる。
4. 黒砂糖が溶けたところに(1)の牛肉を加えて炒める。油がはねやすいので注意しましょう。牛肉に火が通りかけたところでタマネギ、しょう油を加え、さらに炒める。
5. 牛肉に火が通ったら、ニラを加えてさっと炒め、水溶き片栗粉でとろみをつけて仕上げる。
6. 4枚の皿に、(2)のモヤシを1/4量ずつ敷き、(5)を1/4量ずつ盛り付け、(2)の水気を切った白髪ネギを天盛りにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カキとニラのちぢみ

カキの料理は、やっぱり牡蠣フライがダントツに美味しいと思いますけれど、、油のカロリーが気になるので、あまり油を使わない調理法と思って検索したところ、「かきのちぢみ」がいくつか見つかりました。それらを参考に、かなり適当に目分量で作りましたけれど、生臭みもまったくなく、予想以上に美味しくできました。カキのシーズンもそろそろ終わりますが、あと何回か作ってみたいと思います。

◆材料
 生カキ加熱用 150グラム
 ニラ 半把くらい
生地
 卵 1個
 小麦粉 大匙数杯
 水 大匙2~3杯
 塩少々
タレ
 酢 大匙2
 しょうゆ 大匙3
 韓国とうがらし 小匙1
 ネギのみじん切り
 ゴマ
 中華または和風の粉末ダシ少々

◆作り方
 1. カキは洗って、1個を数片に切っておく。ニラは3センチ長さに切る。
 2. ボールで生地の材料をよく混ぜ、カキとニラを加えて混ぜる。
 3. 熱したフライパンにゴマ油を敷いて、材料を流し入れ、両面を焼く。
 4. 一口大に切り、タレでいただく。

タレの辛味は手元にあるものでいいと思いますが、韓国唐辛子はちょっと甘みがあって、今回のちぢみにはよく合っていました。ニラが生臭みを消してくれたと思うので、これは必須でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フキノトウのパスタ

ふきのとうを5個ほどいただきました。検索で見つけたレシピから、パスタにしてみました。ほんのり苦い春の味がしました。

クックパッド「tanapiのキッチン」から「ふきのとうのパスタ」
http://cookpad.com/tanapi/recipe/134956/

◆材料1人分
ふきのとう 1個(大きいやつ) 
パスタ 食べる分 
にんにく 1かけをみじん切り 
鷹の爪 適量を輪切り 
アンチョビペースト 大さじ1.5ぐらい 
オリーブオイル 適量 
塩・コショウ 少々 

◆作り方
1 ふきのとうを刻んで水にさらしてアクを抜き、水気を切っておく。
2 フライパンにオリーブオイルを熱してにんにくと鷹の爪を加え、香りが出たらアンチョビペーストを加える。
3 アンチョビが全体になじんできたらふきのとうを加え、塩・コショウで味を整える。
4 茹でたパスタを3.にからめる。

作ってみて、アンチョビペースト大1.5はちょっと多すぎるように思えたので、半分以下にしました。ふきのとうを加えたら、あまり火をとおさずに、すぐに火を消すのが香りを残すコツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »