« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

だんご汁

水餃子の皮を手作りしたときに、小麦粉を練ったのが余ってしまったので、冷凍保存していたものを使って、大分名物のダンゴ汁にしてみました。本来は薄力粉だけで作るようですが、水餃子の皮は強力粉が入っているので、コシが強くて、こっちのほうが美味しいと思います。冷蔵庫に残った根菜の切れっ端退治にうってつけの手軽で美味しい一品、ゴボウが必須です。

参考レシピはこちら → http://www.zojirushi.co.jp/usual/local/01.html

「象印・日常茶飯事/いい味、旅気分」と題されたこのサイト、いろいろな郷土料理が紹介されていて楽しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

再び、北新地「つた次郎」

美味しいお酒と料理がぜひとも食べたいと思い、絶対に外れないお店がいいということで、北新地の「つた次郎」に行って来ました。今度こそ料理の写真を、とカメラを持って行ったのはいいのですが、結局ほとんど撮る前に胃の中へ(^_-);。

まず、お決まりでシジミ汁が1杯。塩かげんがちょうどよく、ショウガもきつすぎることなく、でもなければ味が締まらないだろうなという存在感で、そのバランスには毎度感心してしまいます。お酒は辛口の燗酒、写真は2合とっくり。

Tsuta1 Tsuta3_1

続いて、付きだしは、奈良のムカゴ、金時草、一口サイズのさば寿司。今が旬の金時草ですが、我が家で使うときは葉と茎に分けて調理しているのに、ごっちゃに茹でてあったため、茎が固かったのと、ちょっと味が薄くてインパクトがなかったのが残念。酢の物が美味しい野菜ですが、この日、他の予約のお客が男性ばかりだったので、酢を回避したのかも。

Tsuta2

一品で注文した中で特に絶品と思ったのは、豆腐の朴葉味噌焼き。味噌は特に味付けはせず、高山から取り寄せたものをそのまま使っているとのことですが、それがとっても美味しくて、ご飯があったら嬉しいとモグモグつぶやいていたら、目の前に白いご飯が出てきました(^^)。

Tsuta4

他に、お造り、揚げ物、焼き物などを食べ、シメの手打ち十割そばは、私は味噌ご飯でお腹が一杯になってしまって、無念のパス。隣のを一口味見させてもらうだけになりました。

Tsuta5マスコミに出たことないですよね、と尋ねてみると、一度だけ朝5時台の番組に出たことがあるそうです。そんなお店のマスターはこんな方。申し訳ないので、写真は小さくしました。カウンター席だと、きさくに色々お話ししてくださって、ますますお料理が美味しく感じられます。 ほっとしたいとき、イチオシのお店です。必ず予約を。お店データはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイナミック キッチン&バー 燦 大阪

以前に小千谷そばのことを書いたとき、グループ店の燦(さん)が梅新交差点付近にあるので、近くに行く機会があれば、と思いつつ、なかなかその機会もなかったのですが、今日、ランチタイムに行くことができました。

場所は、ニッセイ同和損保フェニックスタワー27階、しかし1階の表部分には、このビルにそのようなものがあることを示す看板は何もなく、ちょっと心配になりながらビルに入ると、右手に控えめに「燦」の看板があり、その向こうに1台だけのエレベーターが見えました。

事前に電話でランチタイムに混むか問い合わせたところ、予約なしでまったく大丈夫とのこと、確かにお客は数組でした。ハービス周辺の新しいビル群や、その向こうに淀川の見える席に案内されます。夜景も絶景でしょうが、日の入りの頃が最高に綺麗だろうと思いました。

連れが「肴膳(こうぜん)」980円、私は「へぎそばとわっぱ飯膳」1200円を頼みました。肴膳はメインに肉か魚の料理を一皿選び、五穀わっぱ飯、3種の小鉢、みそ汁がつきます。へぎそばは、天麩羅5種と五穀わっぱ飯がつきます。さらに、食後にコーヒー(ホットまたはアイス)がつきます。

隣の席とあまり近すぎず、ゆったりしとしているし、味も外れないし、コーヒーまで付いているし、ランチとしてはかなりコストパフォーマンスが高いのではないかと思います。わっぱ飯はおかわり自由なので、食べ足りないということもありません。通りかかったときは、オススメです。

===============
燦 大阪店

大阪市北区西天満4-15-10
ニッセイ同和損保 フェニックスタワー27F  地図
06-6367-5512

ランチ  11:30~14:00
ディナー 17:00~22:00、日・祝は16:00~21:30

ぐるなび情報 http://r.gnavi.co.jp/k015419/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »