« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

鮭のリゾット

最近、テレビの料理番組でもリゾットの作り方をよくやっていて、だいたい感覚がつかんでいるつもりなので、食べたばかりの鮭と葱のリゾットを再現してみました。お店で食べた白葱より、やはり玉ねぎのほうが美味しそうなので、玉ねぎを使いました。

◆材料(約2人前の目分量)
米 0.5合
生鮭 1切
玉ねぎのみじん切り 大さじ1位
バター
日本酒 小さじ2位
チキンコンソメの素 1/2個
クリープ 小さじ2位
湯 400cc位
牛乳 100cc位
粉末パルメザンチーズ 小さじ2位
ホワイトペッパー

◆作り方
1. 米はさっと洗ってザルにあげておく
2. 生鮭は塩をふってしばらくおく。洗って、皮と骨を除き、1cm角に切る。
3. 鍋にバターを溶かし、鮭の表面の色が変わる程度に炒め、皿に取り出しておく。
4. 同じ鍋で玉ねぎを炒め、米を入れて、軽く炒める。酒を入れる。
5. チキンコンソメとクリープを湯に溶かし、鍋に半量を入れる。
6. 弱火にし、ときどき軽くかき混ぜながら米を15分煮る。水分が足りなくなれば、スープを足す。
7. 米に若干シンが残る程度になれば、牛乳、炒めておいた鮭を入れ、焦げないように水分をとばす。チーズを加え、ホワイトペッパー、塩で味を調える。

結果は・・・自分好みの味付けができるせいもあるのかも知れませんが、自作のほうが美味しかった(^_-)-☆ それにしても、こんなに簡単にリゾットができてしまうとは知りませんでした。炊飯は混ぜたり、フタを取ったりしてはいけないと言いますが、リゾットは焦げないように軽く混ぜながら、水分が足りなくなれば足せばいいので、お粥より技術が要らないくらいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

阪急山田「トラットリア・サルーテ」

駅から少し歩く場所にあったお店を、再開発で建った駅前の新しいビルの1階に移転オープンしたばかりのイタリアンがネットでちょっと評判みたいなので行ってきました。ランチでも予約が必要という情報でしたが、この日はいきなり3名でも大丈夫。お店はテーブル席が10卓ほどと、数人が座れるカウンタ席で、ゆったりとして、とても明るく気持ちがいい店内です。

060930saru0_1

ランチメニューは1000円から2300円まで、甘いものはアウトなので、料理も試してみたい気もしましたが、1300円のセットにしました。デザート盛り合わせがプラス400円というような設定だと嬉しいんですけどね・・・。ちなみに、このデザート盛り合わせは、隣のテーブルに出たのを見ると、スイーツ好きにはたまらなく美味しそうに見えるお皿でした。

パスタorリゾットは、黒板に書かれた5品ほどから選択で、2名が鮭と葱のリゾット、1名がキャベツとジャガのパスタ、アンチョビ風味でした。

060930saru1_13種のパンを盛り合わせた籠がきました。フランスパンと、黒オリーブを焼きこんだパンと、チーズ風味の小さなボールのようなパン。

060930saru2_1それから前菜5種盛りが出ました。左から、葱、ブロッコリー、イワシの香草焼き、マグロのタタール?、レパーペーストで、どれも可もなく不可もなくと言ったところでしたが、個人的には右端のレバーペーストが一番好きでした 。

060930saru4_2 鮭と葱のリゾット。ホワイトソースは、牛乳だけで、生クリームも、もしかしたらチーズも使っていないあっさり味。

060930saru5_2 キャベツとジャガイモのパスタ、アンチョビ風味。

060930saru6_2 コーヒーかジェラートの選択。ジェラートを選んだ人がマンゴーは苦手ということで、コーヒーの人と交換しました。他のテーブルでは白いジェラートだったので、種類があるのなら尋ねて欲しいところ。

ランチは、内容に比べれば安いし、何より前菜5種、パスタ、リゾットともに味にハズレがなかったのは高い評価です。客席対応で、接客の上手なスタッフが入れば、なお美味しく感じられそうなお店でした。

----------------
トラットリア・サルーテ
吹田市山田西4丁目2-18 サンノーブル山本105
06-6878-3078
11:30~14:30、18:00~22:00、火曜休み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »