« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

胡瓜とアサリの浸し

キュウリとアサリの冷たいスープです。ネット検索で見つけた「my初物」レシピでは、最近一番のヒットと言える美味しいもんができました。

作り方を読むと面倒な感じがしますが、アサリの冷たいスープを作るつもりで、具にピーラーでスライスし、湯通ししたキュウリを入れると思えば、多少手順や味付けが違っても、大丈夫でしたし、普通にお汁を作る手間と変わりません。我が家では、写真からわかるとおり、冷蔵庫にあったエノキを加え、切らしていたキクラゲの代わりにヒジキを入れています。そしてショウガは忘れていましたが、大丈夫でした。コツは、キンキンに冷やすことです。

060825asari

山陽放送の番組のページ「とれたて!キッチン」から

◆材料(4人分)

胡瓜…4本
塩…適量
キクラゲ(乾物)…4g
生姜…3g

<浸け汁>
アサリ…1パック
かつおだし…600cc
酒…15cc
薄口醤油…25cc
塩…少々

梅干…1/2個
白胡麻…5cc
一味…少々

◆作り方

<下処理・備考>
★ キクラゲは水に浸け戻し、細切り。
★ 生姜は針切り、水にさらす。
★ 塩は好みで加減。
★ 梅干は果肉の部分を粗く切る。
★ 白胡麻は煎り胡麻。(すったりせずそのまま使用)
★ 一味は七味でもよい。

<調理>
★ 胡瓜は板ずりして、塩を洗う。
★ 胡瓜を縦に薄くスライスする。(器具を使いスライスしてよい)
★ 胡瓜をボールに入れ、塩をまぶし15分程おく。
★ 鍋にかつおだし、洗ったアサリを入れ、アサリに火を通す。(途中アクを取る)
★ 布ごしをする。鍋に汁を入れ調味し冷ます。アサリの身は殻から外す。
★ 鍋に湯を沸かし、キクラゲを入れ煮立て、胡瓜を入れ色鮮やかになれば冷水にとる。
★ 冷めた汁に水気を取った胡瓜、キクラゲ、生姜を漬け込む。(15分程)
★ 器に盛り付けたっぷりと汁を張り、梅干、胡麻、一味を添える。(よく冷す)

<memo>
冷たい胡瓜の汁物としても使える。
種の多くなった胡瓜は種の部分を取る。
湯通しすることで瓜臭さを取る。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゴーヤジュース

060820goya 1本のゴーヤ、なかなか食べきれないので、たまには目先の変わった食べ方ないかなと検索して、ゴーヤジュースを見つけました。ちょっと苦いけれど、美味しかったです。

バナナは、食べごろに余ったものを皮を剥き、半分に切って冷凍にしてあった分を使いました。氷の代わりになって、ひんやりとしたジュースになりました。豆乳は常備がないのでパス。豆腐があれば、代わりに入れてもよさそうです。はちみつ大さじ1は、少なめのほうがバナナの甘みもあるので大人の味になりそうです。

gooのグルメ > レシピ > 元気のでるゴーヤジュース から

◆材料(2人分)
ゴーヤ・・・1/3本弱
牛乳・・・120cc
豆乳・・・20cc
バナナ・・・1/2本
はちみつ・・・大さじ1

◆作りかた
[1]   ゴーヤはきれいに洗って、縦に割り、種とわたをとって、うすくスライスする。
[2]   ゴーヤと残りの材料をミキサーに入れジュースを作る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »