« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

冷奴サラダ

ちょうど材料があったので、放送日に即試してみました。濃い目の塩水に浸した豆腐が、たった5分ですがちょうどいい塩梅になり、見た目にもごちそうって感じ、食欲が落ちてもこれなら食べられそうな夏に嬉しい一皿です。

実際には、クレソンの代わりに水菜を使いました。油揚げを電子レンジにかけるとき、器が熱くなるので注意です(素手で触ってやけど)。クッキングペーパーに広げるのがよいかも知れません。

恵美子クッキング2006年7月20日から「冷やっこサラダ

◆材料(4人分)
豆腐(絹) 1丁
油揚げ 1枚
トマト 1個
キュウリ 1本
クレソン 2束
煎りゴマ 適量
薄口しょうゆ 小さじ1
☆豆腐のつけ汁(A)
水          1カップ
塩          大さじ1
☆ショウガゴマじょうゆ(B)
しょうゆ 大さじ2
ゴマ油 大さじ1
おろしショウガ 大さじ1
砂糖 小さじ1

◆作り方
1.豆腐のつけ汁Aの水と塩を合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。
2.豆腐は1.5cm角に切り、(1)のつけ汁に入れて5分、冷蔵庫で冷やす。
3.油揚げは縦半分に切り、2mm幅の細切りにし、薄口しょうゆをまぶし、電子レンジに約3分かけて、カリカリにする。
4.ショウガゴマじょうゆBのしょうゆ、ゴマ油、おろしショウガ、砂糖を合わせる。
5.トマトは湯むきし、種を取って粗く刻み、キュウリは薄切り、クレソンは半分に切り、ボウルに入れて合わせ、(4)の半量で和える。
6.(2)の豆腐の水気をきり、残りの(4)を合わせて器に盛り、上に(5)をのせ、(3)の油揚げ、煎りゴマをふる。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

鶏のカレー南蛮酢

マーボーナスにしようと思って、家人にひき肉を頼んだら、鶏のひき肉を買ってきてしまったので、検索して、鶏肉以外は冷蔵庫にあるものでできる「カレー南蛮酢」を作ってみました。フードプロセッサを使うようになっていますが、手こねでも大丈夫です。簡単な割には、美味しくできました。

恵美子クッキング2004年3月29日から「鶏のカレー南蛮酢

◆材料(4人分)
鶏ひき肉 300g
食パン 1枚
青ネギ 6本
ショウガ 30g
カレー粉 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ2
マヨネーズ 大さじ2
卵黄 1個
煮切り酒 適量
油 適量
☆南蛮酢(A)
酢 大さじ2
煮切り酒 大さじ2
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
カタクリ粉 小さじ1
一味トウガラシ 適量

◆作り方
1.食パンは煮切り酒に浸して柔らかくする。
2.青ネギは小口から刻み、青い部分と白い部分に分け、ショウガはすりおろす。
3.フードプロセッサーに鶏ひき肉、(1)の食パン、(2)のネギの青い部分、ショウガ、カレー粉、しょうゆ、マヨネーズ、卵黄を入れてかける。
4.フライパンに油適量を熱し、(3)をうずら卵ぐらいの大きさにとって焼き、火を通す。
5.南蛮酢Aの酢、煮切り酒、しょうゆ、カタクリ粉を合わせ、(2)のネギの白い部分、一味トウガラシを加え、(4)のフライパンに流し込み、軽く煮てからめ、盛り付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »