« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

マーボーカレー丼

060306mabocurry_2 カレーに豆腐を入れたらどうかなぁ、というアイデアはありましたけれども、水っぽいのでは、と躊躇していたら、先日、「ちろり」でマーボーカレー丼に出会いました。早速ネット検索で作り方を調べると、基本的に麻婆豆腐を作って、カレー粉を入れてカレー風味にすればいいようですが、辛いところに辛いものを入れるので、豆板醤もカレー粉も控えめにしても、かなり辛いですが、美味しくできました。写真ピンボケですみません。

◆材料(2人分)
ひき肉 50グラム
豆腐  200グラム
ねぎみじん切り 大匙3杯くらい
しょうがみじん切り 少々
にんにくみじん切り 少々
水 1カップくらい
豆板醤、オイスターソース、花椒、胡椒
カレー粉、塩、水溶き片栗粉

◆作り方
玉ねぎ、しょうが、にんにく、ひき肉を炒め、水を入れて、カレー以外の調味料を入れて、マーボーの肉味噌を作ります。次にカレー粉を入れ、すこしキツメの塩味に整え、 水溶き片栗粉でとろみをつけます。豆腐を1.5センチ角のさいの目に切り、電子レンジで軽く暖めてから肉味噌と合わせ、少し煮ればできあがり。

お店では青ネギを散らしていましたけれど、切らしていたので冷凍庫のグリンピースで飾りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西中島南方「酒膳ちろり」

060305-tirori0不親切なグルメ情報のコメントでポップさんもお奨めの「酒膳ちろり」に行ってきました。

喉が渇いていたので、まずはぐるなびクーポンで生ビールを注文。ハートランドが出てきたのでびっくりしました。キリンにハートランドを出す店を問い合わせるほどのハートランド党ですので。

食べ物は、付き出しが小松菜と油揚げの和え物。注文したのは、馬刺し盛り合わせ、鯛のアラ煮、輪島ごろいか、シェル牡蠣酒蒸し(相方は酢牡蠣)、古瀬の天麩羅、比内鶏のスープ、締めはマーボーカレー丼。

ごろいかは、イカを内臓ごと干物にしたものです。初めて食べました。お酒によく合う珍味です。

古瀬というのは、いまが旬のイカナゴが大きくなった2年、3年物を言うそうです。たぶん、身が柔らかいので普通には流通しないのでしょう。天麩羅、わかさぎより癖がなく、淡白で美味です。

お酒はお任せで辛口を三種。どれも料理に合う、いいお酒でした。

はずれがないですね。何を頼んでも安心な確かな舌、そして料理と器の調和も素晴らしいです。入店時は他に客はなく、写真撮影OKということでしたので、少し写真を撮りました。撮影前に食べてしまったものもありますが、下にサムネイルで並べておきます。クリックすると大きい画像になります。

060305-tirori-menu 060305-tirori-tennai 060305-tirorikaki 060305-tirori-furuse 060305-tirori-mabo
順に、店主自筆の本日のメニュー、店内風景、牡蠣、
古瀬の素材と天麩羅、食べかけのマーボーカレー丼

軽く食べて、飲んだという感じでひとり4000円。

-----------------
酒膳ちろり
大阪市淀川区西中島4-11-24 第一ユーリハイツ1F
tel 06-6305-5903
西中島南方、東京三菱UFJ銀行の角から西へ3分、左手
火~土曜 17:30~25:00、日曜 17:00~24:00
月曜定休、祝日は不定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »