« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

厚揚げときゅうりの中華風

煮るか焼くかくらいしか思いつかない厚揚げの食べ方、ネット検索で簡単ながら目先も変わって美味しいのを見つけました。ニンニクを切らしていたので、代わりにおろししょうがを入れてみました。ネギも白葱の薄い小口切りで代用。しっかり目に味をつけるのがコツのようです。時間があれば、キュウリも厚揚げも軽く塩で下味を含ませると、なおよくなりそうです。

厚揚げの中華っぽい060227-atsuage

◆材料

厚揚げ 1枚
きゅうり 1本
ねぎ(細いもの) 4本
カシューナッツ(あれば) 適量
ごま 少々

砂糖 小さじ1強
しょうゆ 大さじ3と1/2
酢 小さじ1
にんにくのすりおろし 小さじ1
ラー油 大さじ1/2~1
ごま油 大さじ1
塩 少々

◆作り方
1. 厚揚げは熱湯をかけて油抜きして、1センチ角切りにする。
2. きゅうりは、軽くすりこ木等でたたいてから乱切りにする。
3. 長ねぎは1センチに長さのぶつ切りにする。 
4. 砂糖・しょうゆ・にんにく・酢・ラ-油・ごま油を合わせる。 
5. 厚揚げ・きゅうり・長ねぎを上記のたれに入れ、軽く混ぜ合わせる。
6. 塩で味を調え出来上がり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

谷九「がじゅまる」 - 豚串焼

060219gajumru テレビで紹介されたばかりのお店に行ってきました。混んでいるかなと思いましたが、空席十分でした。殺到すると困るので詳しくは紹介しないという勝谷さんの配慮が生きすぎているのか、放送後にテレビを見たよというお客は、数組、しかも半分は局関係者らしいです

お通しは「白菜のおひたし」と「ポテトサラダ」で、どちらも味付けのバランスがよく、この後が期待できました。白菜のおひたしは、レモンとゴマの風味がさわやかで、後で単品でお代わりしてしまいました。

まずはどんぐりを食べて育てられたというイベリコ豚とはどんなもん、と、タン、トントロ、バラ、ベーコンの串を頼みました。脂身が甘くて、豚特有の臭みがまったくありません。豚というより、別の生き物でした。

つくねは一皿にゴルフボールくらいの大きさのが2個きます。注文時にポン酢とか辛子とか、味付けを選べるのですが、特製というのが卵ということで、これを頼んで正解でした。熱々のつくねに崩した卵黄をからめて、新しい味発見です。

メニューに「ちちかぶ」という変わったものがありました。乳房とのことで、これも注文。コリコリした食感がいいです。ちょっとピリ辛の味付けも美味しい。

この後、越後豚の串焼きを数本いただいたのですが、だんだん脂に飽きてきました。若い頃なら、まだもりもり行けたでしょうけどね、歳を取った哀しさ・・・

最後は、炊き込みご飯の焼きおにぎり。十数センチの平たい焼きおにぎりを海苔1枚の真ん中におき、対角線で4つに切って盛られていました。はみ出た海苔を折り込むと、そのままおにぎりの形になるというのが楽しいアイデアでした。

お酒は、芋焼酎でお店の名前と同じ「がじゅまる」を頂きました。これはお料理によく合って美味しかったので、他にもいろいろ品揃えはありましたが、2杯目も同じものをいただきました。実はクーポンで1杯100円になる焼酎もあるのですが、紙パックで売られているレベルのもの、最後の1杯は比較の意味で100円の芋焼酎を飲んでみると、味がピリピリしていて、「がじゅまる」とは全然違いました。

接客は最上、メニューに外れはなく、しかも適度に飲み、食べての1人3000円は、最近行ったお店では最高のコストパフォーマンスでした。

こちらのブログにメニューの写真がたくさん掲載されています。

---------------------
豚の串焼 がじゅまる
大阪府大阪市中央区谷町9丁目2-23 谷九城福ビル1F
電話 06-6764-1454
営業時間 17:00~00:00   定休日 水曜日

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »