« モロヘイヤの春巻き | トップページ | 鶏のアオノリ風味の天ぷら »

梅田「スロー・ブルー・コンシャス」

050902conscious-1 以前に書いた「PAY」と同じバルニバービの店ですが、こちらは和食です。たまたま良い店員さんにあたって、接客がよいというのではなく、全員が良い水準にあるというのは、経営者の資質のせいだろうと、別の店にも行ってみたかったのですが、なかなか機会がなく、先日ようやく実現しました。

入り口が入りにくい雰囲気だとか、ランチを食べようと思ったら、店の外では内容がよく分からず、店員さんの応答も要領を得ないとか、プラス評価より、マイナス評価の話ばかりが伝わってきて、ちょっと心配な訪問でしたが・・・・

確かに入り口は、暗いし、この手のお店としてはスペースがゆったりしすぎているのが、逆にちょっと入りにくい雰囲気にしているようです。キッチンが見える位置の大きな半円形のソファに案内されました。

しばらくすると、豆の冷たい一口スープが出されました。塩だけの単純な味付け、生クリームのコクがちょうどよくて、おいしい。 4000円ほどのコースもありましたが、単品でいろいろなものを食べようということになりました。上の写真は、子持ち鮎の塩焼き。子の味付けがちょっと甘かったのが気になるものの、香ばしく焼きあがっていました。

050902conscious-2左の写真は、すずきのホイル焼きをテーブルで焼き上げるためにセッティングしたところです。本来写真撮影禁止のところを、他にお客様がいない間だけということで大目に見ていただいたので、このホイルをあける前に撮影はできなくなってしまいました。他に、水ナス、ハモとアスパラのあられ揚げ、トビウオのつみれ、ゆで鴨を味噌味で食べる冷たい料理、タコとトマトのカルパッチョを頼みました。なんか、先にメインを食べて、後から前菜を食べたような選択ですけれども、メニューが前菜とメインという構成ではないので、出てこないと分からなかったですから、仕方ないですね。全部一度に頼んだら、ちゃんと順番を考えて持ってきたかは、また新たな興味です。

付出しを加えると8品で、これだけの品数があると、1品か2品、美味しくない、二度と食べないくらいの評価の品はありそうですが、全部平均点以上でしたので、ハズレのないお店のようです。梅田にしては隣の席を気にせずに、非常にゆったりと食事ができるし、軽く飲んで1人5000円程度ですから、なかなかコストパフォーマンスもいいです。接客ももちろん合格でした。

最後に、生ハートランドの飲める貴重なお店です(^^)

追記:ぐるなびに出てました。割引クーポンがあるようです。

|

« モロヘイヤの春巻き | トップページ | 鶏のアオノリ風味の天ぷら »

「また行きたいお店」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23996/5750494

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田「スロー・ブルー・コンシャス」:

« モロヘイヤの春巻き | トップページ | 鶏のアオノリ風味の天ぷら »