« タマネギとピーマンのかき揚げ | トップページ | サバのバジリコ風味マヨ焼き »

北新地「つた次郎」

夕食を一緒に、と誘ってくださる方があって、久々に美味しいお出かけができました。

まずは、淀屋橋に最近開店の、あのイカリスーパーがやっているという中華料理「愛連」でした。店内、ものすごくゆったりと、落ち着いた雰囲気がとっても素敵でした。店内とは対照的に、外のオープンテラスはちょっと異国風。料理は中華風味のあっさり系といったところでしょうか。お値段も手軽で、せせこましい店の苦手な方にはお薦めの穴場かも知れません。

料理を食べ終わってしまうと、なんか居残りにくいような気もしたので、締めに手打ちそばはいかがですか、とお誘いしてみました。実は食べたいものがあるか、尋ねられたときに備えて、梅田界隈、いくつかお店を考えておいたうちの一店です。

数年前に一度行ったことがあるものの、だいたいの場所だけで、店の名前も覚えていない状態。昔のパソコン通信時代の膨大な生ログから、北新地をキーワードに検索して、ようやく店名を探し当て、次に店名をインターネットで調べなおして、お店情報が分かりました。インターネットでこのお店のことを書いていたのは、何とパソ通時代にお名前だけは知っていた方たちで、とっても懐かしい気がしました。

カウンター6席、テーブル2つの小さなお店ですから、金曜の夜に予約なしで席があいていたのはラッキーでした。しじみのおつゆとお通しが出たあと、すでにそこそこ食べているので、注文したのは、水なすの塩水漬けと、タチウオの塩焼き。水ナスを塩水につけただけのものが、何でこんなに美味しいか、とインターネットにあったので、ぜひ食べてみたいと思っていました。実際、そのとおり、水ナスを塩水につけただけなんですけど、びっくりしてしまいました。ご主人が口をすべらせたところでは、塩水にちょっと仕掛けがあるようです。塩加減は濃い目のお吸い物くらいなんですけど。タチウオは、こんなに立派なタチウオみたことないという上物で、子持ち部分を焼いていただきました。何度も出会うというわけにはいかない絶品でした。締めは蕎麦ではなくて、稲庭うどんになりました。麺類はやっぱりダシが決め手と思いますけれども、さすがの付け汁で、美味しくいただきました。

どの料理も、いい素材を、絶妙のバランスの塩梅で出してくださるので、ハズレのないお店としてお薦めです。忘れてました。大事なお酒は、辛めをお任せでお願いして、丹波と新潟の山廃仕込みを冷でいただきました。後の方が辛いっていうのも、注文時に、さっきより辛めって言おうかなと思って言わなかっただけに、さすがの選酒でした。

=============

和食「つた次郎」

大阪市北区曽根崎新地1丁目2-6 新松リンデンビル  2階
TEL 6341-8070
17:30~23:00、日祝休み

堂島アバンザの北側の道沿い、アバンザの北東のブロック内
八月はお昼の営業はなし

|

« タマネギとピーマンのかき揚げ | トップページ | サバのバジリコ風味マヨ焼き »

「また行きたいお店」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント


しじみ漁を営んでいる者です。
メニューの一つにしじみ料理でもいかがですか?
現在のしじみの状態などが、私のブログで、わかりますよ。
一度、見てください。
http://shizimi.com

投稿: しじみ | 2005/10/02 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23996/5226819

この記事へのトラックバック一覧です: 北新地「つた次郎」:

« タマネギとピーマンのかき揚げ | トップページ | サバのバジリコ風味マヨ焼き »