« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

茎わかめ

スーパーで「生食用茎ワカメ」というのを売っていました。どうやって食べるのか知りませんでしたが、今はネットで調べれば調理法はすぐに分かるはずなので買って帰りました。どうやら、普通は塩蔵品を売っているようです。ほとんどのレシピは塩出しして、きざんで・・・ということで、酢の物、マヨネーズ合え、佃煮が一般的調理法みたいです。塩蔵品は事前に茹でてあるはずですよね。

さて、その程度の基礎知識を仕入れて、「生食用」というからには、切ってポン酢で合えればいいのかな、と思い、試しに薄切りを食してみると、とても固いし、あまり美味しくない。どうも「生食用」という表示はあまり的確ではなく、「ナマ」という意味らしい。つまり「加熱調理」する必要があるらしいので、いくつか頭に残ったレシピの中で、水溶性といわれる繊維質を無駄にしないように、茹でるレシピではなく、煮るレシピの中から、豚肉と一緒に煮るのを試してみました。柔らかくするためにごく少量の酢を入れろと書いてあるサイトもあったので、適当に酒、みりん、しょうゆ、酢と少々の水で薄切りの茎ワカメと豚薄切りを煮てみました。結果、ワカメは柔らかくなり、なかなか美味しい。酒の肴として、タンパク質と海藻の組み合わせも最高です。血液さらさら効果もあるようなので、シメサバに飽きてきているこの頃、うれしい新食材となりそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザーサイとひき肉の炊き込みごはん

昨日の3分クッキングが美味しそうだったので、今日の昼食で早速試してみました。低炭水化物ダイエット中のため、ご飯ものは禁食中ですけれど、今朝は血液検査のために食べてませんから、朝昼の分を食べてもいいわけで(笑)

今週は藤井恵先生です。レシピのうち、豚ひき肉を入れるところが、何となく臭いなど気になりそうでしたが、ひき肉は小分けで冷凍してあるし、中華街で買ってきたザーサイの塊もあるので、昨日見た記憶だけで分量も適当に作ってしまいました。炊き上がって、食べてみると、豚肉の臭いがきついということもなく、ちょうどいい塩味です。うまくできたと機嫌よくキッチンを片付けはじめたら、ネギのみじん切りを入れ忘れていました。そして、この記事を書くために番組HPを見たら、ゴマ油も忘れていました。それでも十分美味しかったですけど、入れ忘れた2種類の材料は、個性が強いものなので、入れるとまた違った味になるかもですねぇ・・・。また今度試してみようと思います。

-----------

キューピー3分クッキング 2005/04/21
ザーサイとひき肉の炊き込みごはん(4人分)
 米 2合
 水 400ml
▼ 肉だね
 豚ひき肉 100g
 酒 大さじ1
 しょうゆ 大さじ1/2
 しょうが汁 小さじ1
ザーサイ 40g
 ごま油 大さじ1/2
 万能ねぎの小口切り 5本分

・ 米は洗って炊飯器に入れ、分量の水を加えて30分以上浸水させる。 
・ ザーサイはさっと洗って水気をふき、みじん切りにする。 
・ 豚ひき肉に酒、しょうゆ、しょうが汁を加えて手でよく練り混ぜる。これを一口大にちぎって(1)の上にのせ、ザーサイものせて普通に炊く。 
・ 炊き上がったごはんにごま油と万能ねぎを加え、さっくりと混ぜ合わせる。 

ザーサイが味だし役なので、塩抜きをせずにさっと洗って刻みます。
豚ひき肉はしょうが汁と酒(臭み消し)を加えて粘りがでるまで混ぜます。

--------------

追記:ほんの少し残ったザーサイご飯を晩に電子レンジで温めて、ネギとゴマ油を加えてみました。個人的には、ネギとゴマ油を忘れたザーサイご飯のほうが、あっさりして好きという結論です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ササミせんべい

050417sasamisenbei 昔、居酒屋メニューで「ササミせんべい」というものを食べたことがあり、思い出してつくってみました。

ササミ1本に軽く塩をまぶしてから、ラップではさみ、麺棒かすりこぎで叩いて薄くします(上の写真)。それを素揚げすれば、ササミせんべいの出来あがり。ネット検索で見つかった作り方です。

以下、バリエーション。

ササミに塩をして1、2日寝かせると、肉の弾力が増します。丁寧にするなら、濃い目に塩をして、鶏ハムの要領で塩抜きします。

叩き伸ばしたササミをざるの上に重ならないように並べて干して、干物にすると、さらに弾力ある食感になります。これをオーブントースターで焼いたのが真中の写真です。ヨン様ダイエットのおやつには最適と思われますが、鶏独特の臭いがきつくなるのが気になります。

少し叩いてからゴマをのせて、さらに叩き伸ばすと、ゴマがササミに張り付きます。フライパンに薄く油を敷いて焼くと、とっても香ばしくいただけます(下の写真)。

個人的には、一番美味しいのは、ゴマササミを軽く干して、揚げたものです。でも、揚げ物は片付けが大変なので、フライパンで焼くことが多いです。低炭水化物ダイエットの場合、油は構わないので、どうしても間食したいときの手軽なおやつになっています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆでたまごのお話

ゆでたまご、茹で上がったらすぐに冷水に入れるのが、殻がきれいに剥けるコツのはずが、ある頃から全然剥けなくなって、ネット検索で調べたことがあります。理由は、簡単に言えば新鮮すぎるから、専門的に言えば・・・ここ参照・・・です。その頃、近所に生鮮食品に強い中堅スーパーができました。徒歩で一番近いので、買い物のほとんどがその店になってから、ゆで玉子が剥けなくなったのです。このスーパー、日曜日には必ず数量限定で卵が目玉価格になり、たいてい午前中で売りきれる人気です。この卵は、通常の棚ではなく、店舗配送用のカートに載せたままで売り場に出るのです。それが新鮮すぎるんですね。結局、ゆで玉子用は、2、3日室温でガス抜きをして使っています。あと、目玉品の赤玉は、さらに日数をかけてガス抜きしないとだめみたいです。きっと殻が厚いからではないと推測しています。

さて、さきほどのサイトに少量のお湯でゆで玉子を作る方法が出ていました。理論的には分かるんですよね、水蒸気のほうがお湯よりエネルギーが高いから、お湯につかっていなくても、水蒸気にあたっていたらゆで玉子になるって。それでも、やってみないと信じられなかったのですが、確かにできます。大量をお湯を沸かさずにすむので、多少は省エネに貢献できます。ふたがぴっちりできる鍋で作ること、最初は弱火で、沸騰するまでは黄身が片寄らないように箸で静かにころがしていることがコツみたいです。

ゆで玉子の賞味期限ですが、イースターを祝う国で一週間前くらいに作ったであろう、祭り用の色付けしたゆで玉子を食べさせられたことがあります。その国では、剥けないゆで玉子なんか絶対にできない、逆にたまには腐っている卵にお目にかかれるくらいの流通ぐあいでしたが(ん十年前の話)、その生でも古いうえに、室温に数日置かれたゆで玉子でも、幸い食中毒にはなりませんでした。我が家では、冷蔵庫に保存して5日くらいは大丈夫と思って、お料理にも何かと便利でもあることから、4、5個は作り置きしています。ネット検索では、割合と長い賞味期限を書いているサイトとして、ここを紹介しておきます。早く食べろというのは簡単につき、1、2日以内に食べろというサイトもある中、根拠は記してないものの、実経験とは合うと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »