« 鮭フレーク | トップページ | さんまの豆板醤煮 »

山形特産のこんにゃくと味噌

梅田阪急で北海道・東北物産展をやっています。出掛けるついでがあって、ちょうどお味噌が切れるところだったので覗いてみました。各ブースを回っていると、たくさん試食が出ていて、買う気のないものは手を出さないようにしていても、押しつけるように取らされてしまう場合も。結局、目当ての味噌が見つかるまでに、こんにゃくと南蛮味噌を買う羽目になりました。ただ、試食して、納得して買ったにしても、ほんとに地下売り場や近所のスーパーでいつも買える品より美味しいんだろうか、と、後を引くのがよくないですねぇ(笑)。以下、今後のための覚え書き。

◆丹野こんにゃく
こぶ巻きさしみこんにゃく、青のり入りさしみこんにゃく、こんにゃくとシナチクの煮物(材料と調味料のセット)。
何種類か出ているうちから、3袋だと少し割安の1050円というので、この3つを選択。こぶ巻きは初めて食べました。とっても美味しくて、インターネット通販で出ていないか探しましたけれども、どうも通販はやっていない模様です。既製の詰め合わせを販売しているサイトが1つ見つかっただけでした。このこぶ巻はあまり目にしないので、通販がないのは残念。この会社、現地にはこんにゃく懐石を出す立派な料理屋さんもあるらしい。

◆山形月山の南蛮味噌
親指の先ほどの小さな型抜ご飯に小指の爪ほどに赤い味噌を乗せて試食していました。めっちゃ辛くて、引こうと思ったのですが、とうがらしと何たらだけ、添加物なし、塩も使っていない(ほんとは超減塩が正解か?)、しばらく熟成するともっと美味しくなる、使い方はアイデア次第と熱心に薦められて、一番小さい250グラム1050円を購入。同封のしおりに1、2ヶ月寝かせる方がいいと書いてあるので、暗い棚に放置することにしました。ちょうどタバスコもコチジャンも品切れで、自家製の辛いタレには重宝するかも知れません。今後のお楽しみです。通販サイトはこちら

◆酢屋の蔵出し味噌
目的のこれは1キロ1050円。普段スーパーで購入するのが500グラムで600~800円のものなので、おいしければ儲け物です。どのブースも必ず1人2人のお客は立ち止まっているなか、やっと見つけたのは誰も人のいないブースでした。まぁ、味噌汁の試食をしないなら、爪楊枝の先にすくって舐めるくらいの試食で、強引に手にもたせるには迫力不足です。冗談は別として、いかにも実直そうな方が味噌の説明をしながら、色の淡い甘口(麹と米のみ?)、色の濃い中辛(麹と米と大豆?)、それと3年熟成の3種類を味見させてくださいまして、迷わずに中辛のを買い求めました。今日の昼食で早速味噌汁を作りましたところ、私にはとっても美味しい味噌で、この味でこのお値段ならコスパフォも最高です。が、手前味噌という言葉どおり、味噌の好みは人それぞれと思いますので・・・。ラベルには「1772年より続く味噌蔵でじっくり熟成」と書かれています。日本酒は蔵に住みついている菌で味が変わると言われていますから、もしかしたら味噌にもそんなことがあるかも知れませんね。3年熟成は赤味噌のような少し癖のある味で、それはそれで魚のアラの味噌汁なんかにはよく合いそうです。甘い味噌はわたくし的にはパスです。社団法人山形県観光物産協会が行っている通販サイトはこちら


|

« 鮭フレーク | トップページ | さんまの豆板醤煮 »

「また行きたいお店」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23996/2873707

この記事へのトラックバック一覧です: 山形特産のこんにゃくと味噌:

« 鮭フレーク | トップページ | さんまの豆板醤煮 »