« 鶏皮のカリカリ焼 | トップページ | 鮭のクリームパスタ »

葉トウガラシのつくだ煮

子供の頃は、よく食べていたのに、ん十年も御無沙汰だった味に挑戦してみました。

大阪では葉とうがらしを食べる習慣がないのか、八百屋さんに聞いても知らないと言われ、どうやら関東周辺と京都だと、比較的認知度が高いような感じです。京都の錦市場には出ると聞いていたので、ついでがあれば寄ってみようと思いつつ、年月が経つばかり。が、昨日、昨秋オープンした近所のスーパーでついに葉トウガラシを発見しました。京野菜コーナーがあって、日常的に京野菜を置いている店です。写真左の1束が398円、ちょっと高いかなと思いましたが、葉と実と枝に分けると写真右のようになり、実は不揃いながらも同じコーナーで売っていた京野菜のとうがらしと同じものが1パック分以上ついていましたから、一挙両得で結局お買い得の感じでした。

040907-hatogarasi1.jpg 040907-hatogarasi2.jpg

つくだ煮の作り方は、スーパーの売り場に掲示されていたところによれば、葉をさっと茹で、油で軽く炒めて、しょうゆ、砂糖、みりんなどで味を付けて煮詰めるとのこと、その通りにやってみました。

040907-hatogarasi3.jpg

出来上がったつくだ煮は、直径10センチほどのシール容器に半分ほどで、悲しいほどに目減りしました。ちょっと味が薄すぎ、もっと濃い味にしたら、子供の頃の味を再現できたかも知れません。

|

« 鶏皮のカリカリ焼 | トップページ | 鮭のクリームパスタ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「レシピ:野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23996/1376285

この記事へのトラックバック一覧です: 葉トウガラシのつくだ煮:

« 鶏皮のカリカリ焼 | トップページ | 鮭のクリームパスタ »