« 焼鳥の「あやむ屋」(大阪市) | トップページ | ハートランドビール「PAY」(大阪市) »

土鍋で炊飯

数百円で売っている安い1人用土鍋でご飯が炊けます。電気釜で少量炊くより、はるかに美味しくできます。慣れれば何も難しいことはありません。

gohan1.jpg 

写真は1.5カップ(1.7合弱)です。発芽玄米と無洗米が半々になっています。土鍋のフタの穴は、吹き出してレンジが汚れるので割り箸を差してふさいであります。

別の器でざっとゆすいで、ザルにあげ、土鍋に入れます(底を濡らさないようにするため)。まずひたひたに水を入れます。その後、お米と同量の水を入れます。この方法だと、メモリのないコップなどでもスリキリにすれば、お米と水の計量が確実にできるので、憶えておくと便利です。30分以上、浸しておきます。

いよいよ炊飯、強火にかけ、沸騰直前まで持っていきます。このとき、口径の小さいレンジだと時間がかかるので、大きいレンジで一気に。ただし決してそばを離れないように。この沸騰直前を感知するのが、ちょっと経験を積まないダメかも知れません。が、ふきこぼれてきたら、落ち着くまでちょっとの間フタを持ち上げていれば大丈夫。赤子泣いてもフタ取るなと言われていますが、出来上がりの味にはそれほど差はないようです。沸騰直前になったら、小さいレンジに移して、小さな小さな火で12分炊きます。この時間は重要なのでキッチンタイマーを使って、くれぐれもオーバーしないように。火を止めて、5分後くらいに一度上下を返すように軽くしゃもじを入れておき、さらに5分ほど蒸らすと食べ頃になります。

gohan2.jpg gohan4.jpg

大阪ガスの宣伝では、最初から最後まで強火でOKの数分で炊き上がる特別な土鍋を売っているようですけど、1万円近くするようです。上の方法でも火にかけている時間はトータル十数分ですから、この間、おかずを作っていれば、お鍋のそばを離れることもありませんし、充分に美味しいのが炊けます。

土鍋の中に残ったご飯を入れたままにしておくと、急速に痛むようですので注意してください。お昼に炊いて夜までが限界、当日に食べ切れない場合は、必ず冷凍にしましょう。

=========
追記

小さい土鍋が夏に割れてしまい、季節柄、代わりの鍋が手に入りにくかったので、今は大きい土鍋で一度に3合炊いています。鍋のふちまで一杯にならないので吹きこぼすこともなく、小さい鍋より美味しく炊けるようです。熱いうちにシール容器に小分けにして、冷めてから冷凍庫で保存します。

また、ダイエットに役立つと思って食べていた発芽米はダイエットには効果がないようなので、食物繊維の多い麦ご飯に変更しました。粒の大きい押し麦ではなく、砕いた感じのビタバレーを使い、食感をよくするためにもち米を混ぜると、抵抗なく美味しく食べられます。割合は、うるち米2合、もち米3勺、麦7勺です。

|

« 焼鳥の「あやむ屋」(大阪市) | トップページ | ハートランドビール「PAY」(大阪市) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「レシピ:ご飯もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23996/1054769

この記事へのトラックバック一覧です: 土鍋で炊飯:

« 焼鳥の「あやむ屋」(大阪市) | トップページ | ハートランドビール「PAY」(大阪市) »